香港国際空港ノラウンジの紹介です。キャセイパシフィック航空は香港をホームとしているだけあり空港内にいくつかのラウンジを展開しています。今回の旅行では行きの乗継が2時間、帰りが1時間強なので行きにターミナルの端にあるTHE WINGを目指し、最近出来たTHE BRIDGEについては帰りに可能な限り寄ることにしました。
(しかし例の事件で帰りは寄る事が不可能となりました。)

THE WINGの場所は、出国カウンターの直ぐ下付近にあります。



入口はです。中は2フロアになっていてダイニング系は階段を上がった上のフロアになります。
まずは名物の麺コーナーを目指します。


やや暗めの落ち着いた雰囲気の場所です。




麺以外にもここにも沢山のミールがありましたので紹介します。

まずは飲み物から。


続いてスープです。溶き卵のスープでしょうか。



次に点心系。



これはチンゲン菜の炒め物。



そして炒飯。



麺は3種類ありましたが、担担麺と雲呑麺を頂く事にしました。



機内食に続きすごい量を食べる様に見えますが、麺の量的にはANAラウンジにあるヌードルバーのうどんやそばより少し少ない位です。

麺類はもう絶品の域ですね、担担麺は噂には聞いてましたが空港ラウンジでここまでの物が食べることが出来るとは驚きです。是非 DINING h の物と比べてみたいです。それ以外は大したことはありませんでした。

その後メインのダイニングに移動です。




こちらのミールです、まずはスープから。


こちらにも炒飯。


これは鶏肉ですね。ボリュームありそう!


パン類も充実しています。



こちらにはデザートもありました。



ミール系はあと1品チンゲン菜の炒め物がありました。このコーナーの飲み物も先ほどの麺コーナーと同じですね。
でもラウンジの売りはこれだけでは終わりません。まだまだあります。

次回に続きます。